FC2ブログ
福島の街なかにあるオススメのお店と美味しい食べ物を紹介します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外観2
福島市の東北電力近くにある餃子の店「川鳥」にお邪魔しました

昭和29年創業の川鳥は、たっぷりの水と油を入れて焼き上げた、サクッとした餃子が特徴
また、同じ餃子を使用したもちもちの水餃子も絶品

食べ方にも他と違う拘りが(4通りの食べ方)
焼き餃子編
①お酢と醤油、ラー油でそのままいただく
②サクサクの焼き餃子を、水餃子のスープに浸して食べる

水餃子編
①スープと一緒にいただく
②水餃子を、焼き餃子のタレに浸けて食べる


1~2日寝かせた生地を、1枚1枚伸ばして包む作業
テンポ良く包まれていく餃子
包み作業

円盤状に並べた餃子を、たっぷりの水と油で焼き上げる。
40年間変わらずに、川鳥の餃子を焼きつづけてきたフライパン
餃子に水
ご主人

パリっとキツネ色に焼きあがった餃子は、とっても香ばしいにおいです
円盤餃子2
(20個 1,000円)
小ぶりな餃子は、一口でもいただけるサイズです。
まずはタレをつけて…いただきます(自家製ラー油使用)
皮が命と話すご主人。サクッサクの歯ざわりと餡の野菜の甘さが美味しいです
餡には、癖のあるニラを使用していないので、飽きずにどんどん箸が進みます。
次は、水餃子のスープに浸けて…
サクサクの餃子もスープに浸けることで、モチっとした食感が加わりあっさりいただけました。


水餃子
(20個 1,000円)
お次が円盤餃子と同様に人気の水餃子
とろろ昆布が入った珍しいスープは、
薬味のネギと、ピリッと辛い黒コショウがアクセントになっています。
モチモチの餃子と一緒にいただくスープはあっさりで、何個でも食べれます
水餃子を焼き餃子のタレに浸けていただきました

焼き餃子と同じ餃子を使用しているとは思えないほど、食感の違いに驚きました


ぜひ焼き餃子と水餃子の両方の味を楽しんでみてはいかがでしょうか
餃子と水餃子

外観
「川鳥」
福島市置賜町4-28
TEL:024-522-4926
営業時間:17時~22時
定休日 :日曜・祝日
テイクアウト:可
スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。